~子ども編 vol.2~

|沖縄の人気スポットで家族写真【LOVEフォト沖縄】

恋人や家族写真を沖縄の人気撮影スポットで【LOVEフォト沖縄】

お電話でのお問い合わせはこちらから
050-5 807-3 641 (受付時間:月~日 11:00~17:30)

head_menu

家族写真のテクニック ~子ども編 vol.2~

> > > ~子ども編 vol.2~

Technique家族写真のテクニック ~子ども編 vol.2~

日頃ちょっとしたランチの写真を撮るときなどにはスマホカメラを使っているというパパ・ママも、家族旅行の時はちょっぴり本格的な写真を撮ってみてはいかがでしょうか?
「家族写真のテクニック~子ども編 vol.1」に続いて、一眼レフカメラで子どもを撮影するテクニックの第2弾をご紹介します。

構図を工夫する

構図を工夫する

子どもはじっとしてくれません。そこがまた面白いのですが、カメラマンをしているパパ・ママにしてみたらイメージした構図で撮るのは至難の業。
そういうときこそ使いたいのが「黄金比率」。三分割法構図や三角構図、シンメトリー構図など、カメラには基本の構図がいくつかあり、それを使えば写真がマンネリしません。あまり意識しすぎる必要はありませんが、余裕を持って撮影できるときにちょっと意識してみると、表現の幅が広がります。

アイテムを撮る

アイテムを撮る

おもちゃやお菓子など、子どもの好きなものをメインにした写真も残しておくと良いでしょう。特に誕生日や記念日のケーキやプレゼントなどを毎年写真に納めれば、将来見返した時に年齢ごとの違いから成長がわかりやすく、心が温まるはず。

子どもの表情

子どもの表情

子どもは疲れたり思い通りにいかないとすぐにグズる傾向があります。家だろうが沖縄旅行中だろうがお構いなし。パパ・ママを困らせますよね。でもそんな態度も、後から見返せば良い思い出です。
また子どもの自然な表情をカメラにおさめるために、あえて大人目線で撮影するのも手。例えば、パパやママに抱き付いておねだりしているときなどに見上げるその表情を撮っておくと、後からそのときの様子が鮮明に蘇るでしょう。

遊ぶ様子

遊ぶ様子

子どもの自然な表情やしぐさを撮るなら、遊んでいるときのショットがおすすめ。パパやママと一緒に遊んでいるときだって、子どもにとってはいつでも真剣勝負。集中しているかわいらしい表情を見せてくれるでしょう。
さらに、子ども同士で遊ぶ様子もおさめておけば、きっと表情の違いに気が付くはず。子ども同士で遊ぶときは両親に見せる表情とは違う顔をしているかもしれません。

水遊びカットのポイント

水遊びカットのポイント

自宅にあるビニールプールや沖縄のビーチで水遊びする子どもたちを撮るときは、シャッタースピードを高速にしてください。水しぶきが止まって見えるうえ、子どもたちの細かい表情もブレずにおさめることが可能です。
動いている物が止まって見える写真は、見る人にまるでその場にいるかのような臨場感を感じさせます。

チャンスを逃さない

チャンスを逃さない

今だ!と思ったときにすぐシャッターが切れるようにしておくのも、良い写真を撮るためのポイントのひとつです。
じっくり構えて撮影するとき以外のときはISO感度を常にオートに設定しておいて、いつでもシャッターが押せるようにしておくと良いでしょう。

Page Top

© LOVE PHOTO OKINAWA All Rights Reserved.