女子は誰もがやっている! 可愛く撮れる自撮りテク vol.1

|沖縄の人気スポットで家族写真【LOVEフォト沖縄】

恋人や家族写真を沖縄の人気撮影スポットで【LOVEフォト沖縄】

お電話でのお問い合わせはこちらから
050-5 807-3 641 (受付時間:月~日 11:00~17:30)

head_menu

カップル写真のテクニック 女子は誰もがやっている! 可愛く撮れる自撮りテク vol.1

> > > 女子は誰もがやっている! 可愛く撮れる自撮りテク vol.1

Techniqueカップル写真のテクニック 女子は誰もがやっている! 可愛く撮れる自撮りテク vol.1

インスタグラムやフェイスブックに載せる写真。
「いくらなんでもこの写真は盛りすぎじゃない!?自撮り詐欺だよ」なんて言いながら、
もっと自撮り上手になりたいと思ったことはありませんか?
今回は多くの女子がやっている、インスタ映えする自撮りのテクニックをご紹介します。
沖縄旅行で自撮りする際にはぜひ参考にしてみてください。

光を味方につけて

光を味方につけて

プロカメラマンがモデルを撮影する際、真っ白なレフ板を使っているのはご存知でしょう。写真撮影では光を味方につけるのがとても重要です。
一番自然な肌色が撮影できるのは自然光。時間帯や窓の位置によっては、直射日光が強すぎることもありますので、そんなときはレースのカーテンで遮光してください。
蛍光灯の光で撮影する場合は、白熱灯がおすすめです。また、蛍光灯の真下での撮影は、陰影が出てしまい老けて見えるので要注意。肌の凹凸も目立ってしまいます。

暗い所で自撮りする場合は

夜間に外で撮影する時など、暗い場所で撮影する時、フラッシュを使う方も多いでしょう。普通のフラッシュでは、鼻のあたりに光が当たり不自然な写真に。
暗い場所での撮影は、携帯電話のインカメを使った「Retina Flash」という機能がおすすめです。フラッシュのような強い光で明るくするのではなく、画面が光りフラッシュの代わりとなります。

スマホの持ち方

スマホを持つ際は、背面を中指と薬指で固定。横の面は人差し指と小指で支えるように持ち、親指でシャッターを押します。
この方法だとブレづらくなるので練習してみてください。

撮影位置

上から撮影する場合、小顔に見える、目が大きく見えるといった効果があります。
下から撮影する場合、フェイスラインがすっきりと見える、涙袋を強調するといった効果があります。
寝転んで撮影すると、顔のむくみを誤魔化すことができます。シワも目立ちません。
横から撮影する場合、鼻筋やアゴのラインがキレイに見えます。首にシワが写らないのも嬉しいポイント。
なお、右側の顔と左側の顔は違います。実際に撮り比べてみてください。お気に入りの方向の写真を撮るようにしましょう。

セルフタイマーを使って

誰かに撮ってもらったような自撮りや、全身を撮影したいのなら、セルフタイマーがおすすめ。
白壁を背景にすると、光の反射でナチュラルな明るい写真を撮影することができます。白い壁がない場合は、膝に白い紙を置いて自撮りしましょう。
また、照明の方向に顔を向けて撮影すると、目に光が入り、キラキラした瞳を撮影することができます。この光をキャッチライトと言い、プロカメラマンも目に光が入るように気を付けています。

たくさん撮ろう

素敵な自撮りをSNSにアップしている女子たちは、何枚も撮影し、その中で一番素敵なものを使っています。納得できるものが撮れるまで、根気よく撮影できるのは、自撮りの良い所とも言えるでしょう。
同じような写真を何枚も撮るのではなく、撮影場所をかえることで光の取り入れ方をかえながら、様々な角度で撮るのです。表情も笑顔だけでなく、様々な顔をして、一番納得できるお気に入りの一枚を見つけましょう。

Page Top

© LOVE PHOTO OKINAWA All Rights Reserved.